☆☆☆ 毎日がワクワクです ☆☆☆

激変の1年

IMG_20171015_201058_BURST001_COVER.jpg

ちょうど去年の今頃、

自分のプロセスに行き詰まりを感じて、それを打破したいと思い

インドに行くことを考えました。


でも母が入院中でもあり、それは諦めました。

そして代わりに日本でなにかセッションを受けようと選んだのが

「UEプラクティショナーコース」でした。

どういうものかよく知らないままに、ただ勧められたので受けた、

という感じだったのですが、

とにかく簡単。明確に変化がわかる。説明が非常に合理的・・・

と、確かな手応えを感じ、「これは本物」と思いました。


そして、

「チャージ(潜在意識にため込んだネガティブエネルギー)」が

簡単に確実に取れてしまうことに驚きました。


受講したとき

「あなたはちょうど今、30年ぶりの大変化の時ですよ」

と占星術もされる講師に言われたとおり、大激変&大忙しの1年になりました。


12年前、ワンネス活動に出会い、今、人類はめざめることが大切だと知り、

自分もめざめることを目指しながら、人々を少しでも目覚めさせたいと、

夫婦で活動してきました。

でもなかなかうまくいかなかったのです。

取っても取ってもタマネギの皮のようにまだまだあるネガティブな考え・感情。

今度こそ取れた、と思ってもしばらくするとまたムクムクと育っている・・・

それらが根こそぎ取れてしまうことに驚き、

これは是非広げていきたいと思いました。

満足度がこんなに高いコースは他に知りません。

3月にUEを扱える人を作れるインストラクターになることができ、

それから奈良の自宅・沖縄・東京・神奈川・三重・名古屋でコースを開催。

今月末で、卒業生は100名を超える予定です。

UEを使えるようになったとき、

「引き寄せが半端じゃなく起きるようになりますよ」

と言われたとおり、次々とすばらしい展開が広がるようになりました。

まず、YASが高次元から直接、疑問の答えを受け取れるようになりました。

「これはどういうことなんだろう?」と、思って寝ると夜中の3時に

その答えが降りてくるようになったのです。

YASは発明家で、若い頃には考えて考えてどうしようもなくなったとき

夜中にその答えが浮かぶ、というようなことが何度もありました。

それは血の滲むような努力のあと、もうお手上げ状態になったときに

高次元につながって答えがもらえたということなのだ、と今では理解しています。

(そうやって、お風呂のシャワーやトイレの洗浄便座など大きな発明が生まれました)

でも、そんな努力なしに受け取れるようになったのです。

それが勉強会の6回目に行っている資料です。今、またそれを改良中ですよ

そして、UEのコースを始めようとするとたくさんの応援者が現れ、

また、誰が読んで下さっているのかしら、と思っていたこのブログ繋がりで

つぎつぎと受講してくださいました。

「以前からUEのことは知っていたけど怪しいと思っていました。

でも上田さんが言うのなら間違いない、と思いました」

と何人もの方から言っていただき、

これまで、誠心誠意コツコツと続けてきたことが実となって

戻ってきていることを実感しています。

31歳から倫理を学び始め、自分の時間など全くなく人の幸せを願って走り回りました。

3人の子育てをしながら、まさに修行僧の生活。

YASにもずいぶん反対されましたよー

YASがともに学んでくれるようになったのは10数年経ってからです。

そして50代半ばから、夫婦でワンネス活動を始めました。

UEという確かなツールを見つけた今、それを広げることで

目覚めた(何でも無いのにいつも幸せな)人を増やすだけでなく、

集合意識そのものを変えることができたら、と大きな期待をしています。

魂の喜ぶ毎日です。

同志を求めます。

















畑仕事。

20171011-1.jpg 毎日採れる三度豆とナス。

三度豆は三回採れる豆という名の通り、初夏から時期をずらして種蒔きし、

何回目かに蒔いたものが今、また元気に実をつけています。

ナスは初夏に植えたものが夏負けもせず(ですから切り戻しもせず)

ずっと食卓を賑わしてくれています。


今年は忙しくて、草抜きする暇も無く草ボーボー状態でしたが、

虫もつかず、病気にもならず元気いっぱい!!

完全無農薬ですよー


健康とはそういうことなのですねー

人間もそうありたいものです。


そして今は、

ホウレンソウやビタミン菜が順調に育ち始め、

タマネギの芽も出始めました。


楽しみです!

今日の聖なる部屋

20170901-1.jpg

台風で延期になった「聖なる部屋のプロセス」を開催しました。

和室用の椅子を購入してから、黙想も大分楽になったかな?

胡座をかいての瞑想スタイルの時も背中が押されるので具合がいいんですよー




キンモクセイ

IMG_20170930_162638_BURST001_COVER.jpg 今年はキンモクセイの花の咲き方がいつもとは違います。

以前は、どの木でも全部の花が一斉に咲いていました。

数年前から二度咲くようになりました。

あちこちでその話を聞きました。

咲き終わったと思っていたら、しばらくして第二弾が咲く、という感じでした。

それが今年は半月くらい前に、枝の一部で咲き終わり、

今、枝の6割くらいが咲いていますが、よく見ると蕾もたくさんあります。

第三弾の花が咲く気配なんです。

何が影響しているんでしょうか?

キンモクセイは空気のきれいなところでしか咲かない、と聞いたことがあります。

排気ガスのひどいところでは花の付きが悪いそうなのです。

秋なのに、雲一つない晴天なのに、澄み切った青空ではありません。

日本中どこへ行っても満天の星空を見ることができません。

そんなことを敏感に感じ取って変化しているのかもしれませんねー

キンモクセイの精一杯の、人間への警告かもしれません。



霊格・目覚めレベル・意識レベル・オーラ・・・

人生の目的は霊格を上げること、と思って生きてきました。

20170927-3.jpg

人格→風格→霊格 と言いますが、霊格が高いとは

自分のことより他人のことを優先して考えられる、ということだと思います。

「人様の幸せのために一生懸命努力し徳を積んでいると人格が向上し、

そのうち風格が備わる。風格はなんとなくこの人にはかなわない、と思わせるものです。

そしていつか霊格の高い人になれるのです」と聴いて、それを目指してきました。

でも今、歴史の大きな転換期で

地球の波動がどんどん上がって行っています。

そんな今は、人間に求められているのは第一に「目覚めること」なのです。

私たちは長い間、他人と自分とは異なるという分離意識のもとで生きてきましたが

右脳が活性化すると、なんということはないのにいつも幸せ、

満たされているという感覚がやってきます。

それが「目覚めの感覚」です

これまでは私たちは左脳優位で生きてきましたが、

必要なときだけ左脳を使い、普段は右脳で生きる、ことが大切なのです。

でもそれは、個人の努力だけでは難しいのです。

私たち夫婦はワンネス活動に参加し、ディクシャという手法を使い、

左脳の働きを抑え、右脳を活性化させて

一人でも多くの「目覚めた人」を増やそうと努力してきました。

でも、その努力に関わらず、

目覚めた人の割合は思ったよりずっと少ないということがわかってきました。

20170927-2.jpg

UEを扱える人を養成する「UEプラクティショナーコース」の中で

エネルギーレベルをマックス1000に上げ、DNAも144本全部を活性化させる

ということをしますが、

その上に私たちは目覚めレベルも100マックスにしてしまうことを行っています。

ではエネルギーレベルとは何か?意識レベルと同じなのか?

波動の細やかさであり、オーラの大きさであり・・・と

大まかにはわかるのですが、どうもまだ明確ではありません。

ともあれ一人でも多く、UEの使い手を増やして人類の集合意識そのものに働きかけたい

というのが目標です。

10/9-10 名古屋

10/23-24 奈良

10/28-29 東京

で開催します。同志を求めます。



息抜き

20170927-1.jpg

走り抜けた夏が過ぎ、久方ぶりに息抜きしてきました。

20170927-5.jpg 快晴の加佐岬。

20170927-6.jpg 20170927-4.jpg

木漏れ日の中の散歩道。

20170927-7.jpg  



大阪府奈良市???

IMG_20170917_102416_resized_20170917_020428492.jpg

台風が近づき、時おり強風が吹いたりしています。

奈良盆地は天災の少ないところです。

天気予報で〇〇注意報が近畿圏全域に出ていても、奈良県北部だけは何にも出ていない、

ということがよくあります。

YASがよく「奈良の気象台は、注意報を出すのをサボっているんじゃないか」

と冗談を言いますが、台風の被害もあまりないし、大雨も降りません。

近畿南部の紀伊山地が盾になっているのです。

そういう場所だから、都が作られたのでしょう。

そして、天災が少ないから法隆寺のような古い寺がそのまま残っているのだと思います。


奈良は古いお宝だらけ、です。

でも、当たり前すぎて大事にされていません。


新しい箱物なんか作らなくても、

古い寺社を大事にして町並みを整備するだけで良いと思うのですが、

道路は雑草がボーボー。勝手気ままに開発してきたので、町並みは美しくありません。

何でなんでしょうねえ・・・


今も平城宮跡に大きな建物が建てられていますが、

何のためなんでしょうか?


いつだったか、東京の友人と電話で話していて

「奈良ってどこにあるの?ああ、大阪府にあるんだね。」と言われて、

言葉を失ったことがありました。。。。(「・ω・)「ショックーーーー


でも、考えてみれば、奈良の人って大阪に勤めている人が多く、買い物も大阪に行き・・・

ですから、大阪府奈良市みたいな感じなんです。

県庁所在地ですが、奈良市は小さな町です。

高さ制限もあり、高いビルなどがないことはとても良いことだと思いますが、

何もかも中途半端なんです。

もっと大事にして、もっと魅力的な奈良になったらいいのになあ・・・と思います。

台風18号、被害最小限で通り過ぎて行ってくれますように。。。


水による浄化

20170914-1.jpg

肌寒くて、リビングの籐のカーペットを分厚いウールカーペットに敷き変えました。

すっかり秋ですね。

台風18号が九州に近づいています。

台風 18号とほぼ同時に発生し、東南アジア方面に進んだ台風 19号が、

ベトナムで非常に大きな被害を出しているそうです。

世界中で水による大浄化が進んでいるということですね。

でも、人々の意識がワンネスの方向へ早く進めば、大きな被害を出さずにすみます。

私たちの活動が目に見える大きなうねりになりますように・・・

明日は、交通機関などもストップしそうですから

とりあえず、明日の自宅での「聖なる部屋のプロセス」は、10/1に延期しました。











箕面での勉強会を終えました

20170914-3.jpg 春から始めた箕面での「ワクワク楽ちん自分発見講座」。

昨日、番外編の「新資料発表わいわいガヤガヤおしゃべりの会」と「UE体験会」を開き、

全6回を終了させていただきました。

主催して下さったまほりちゃん、受講して下さった皆さん、大変ありがとうございました。

昨年、受講して「自分の周りにの人にも聴いてもらいたい」と

新築されたばかりの自宅を開放して下さいました。

とっても和やかで、温かい雰囲気の中で、毎回、

とてもリラックスして進行することができました。

なんだか親戚の家が1軒増えた、みたいな感じなんです。

終わってしまうのがちょっぴり寂しいんですが、

またここで「UEプラクティショナーコース」を開かせていただくかもしれず、

楽しみですp(*^-^*)q

今、めざめることが求められている大切な時期です。

私たちはめざめた人を一人でもたくさん作りたい、と活動してきましたが、

私たちの勉強会に何度も参加している人たちは、

目覚めている人の割合が多いということがわかってきました。

左脳で理解するということは大切なんだなあと、再認識している次第です。

「聖なる部屋のプロセス」「めざめの会」「UEプラクティショナーコース」

そして「ワクワク楽ちん自分発見講座」の4つの柱を大切にして

これからも活動していくつもりです。

IMG_20170914_091804_resized_20170914_092053371.jpg ステキなお花もありがとうございましたm(_ _)m





UE体験会を開きました

20190910-1.jpg   20190910-2.jpg

⇈ 大根が順調に育っています。右はビタミン菜。

ナスは夏バテもせず、虫にも食われず、次々と実をつけていますが、

キュウリとサヤインゲンは2~3日前から急に元気がなくなってきました。

そろそろ彼岸花も咲き始めています。

植物は季節の移り変わりを敏感に感じ取るのでしょうね。

20190910-4.jpg 午後、UE体験会を行いました。

鹿児島から参加して下さった方もありました(*゚Q゚*)

何より簡単なこと、チャージが短い時間に取れていくこと・・・などに皆さんビックリ!!

たくさん、プラクティショナーが生まれることを期待しています。



仕事

IMG_20170909_112050_resized_20170909_112727146.jpg

YASは古巣のP社での仕事に出かけています。

受講者から常に最高の評価を頂いている研修の講師の仕事です。

定年から11年。会社の現在の様子がまるでわからなくなり、

質問をされても答えられないので「来年からは断る」と言っていましたが、

「発想法」については基本的なことですし、他に研修できる人がいないらしく、

それは来年も引き受けることになるようです。

ありがたいことです!!

定年後始めた講演・コンサルタントの仕事。

退職の翌日から日本を代表する大企業ばかり7社とコンサルタント契約を行い、

また、大学の講義やたくさんの大企業で講演の仕事をいただきました。

タレント並みの忙しさで日本中を駆け回るようになり、

とっても充実していましたが、わからないことだらけで大変でした。

たとえばねー同じ内容の講演を行っても、会社によって会計処理の方法が異なるのです。

それもね、同じ会社でも場所によって違うのです。これはどういうこと?

税務署によって違うのか、扱い者によって違うのか?

事務処理は私の仕事でした。

わからないまま、それぞれの会社に言われる通りに処理しました。

リーマンショック後、仕事の依頼は減り、その頃からワンネス活動が忙しくなりました。

そして今、UEに出会ってからまた会計の仕事が大変になってきました。

物忘れの激しい頭で、PCに向かっています。










UEを扱える人を増やしたい、と思っています

20170906-2.jpg ノボタンです。

一日花ですが、寒くなるまで次々と咲いてくれます。

「上田さんは、いつUEのプラクティショナー(扱える人)になったの?」

と聞かれました。

昨年の12月です。まだ1年たっていません。

昨年の秋、「インドに一緒に行こうよ」とある方から誘われました。

ワンネス活動に関わって12年。

聖なる部屋のプロセスを主催し、たくさんのコースを開きながら行き詰まりを感じ、

「これでいいんだろうか?このままでいいんだろうか?」

というふつふつとした思いを持っていましたので、渡印したいと思ったのですが、

入院中の母を置いて行くわけにいかず、

「それなら日本でなにかセミナーを受けてみよう」ということになったのです。

UEの2日間のコースは、期待をはるかに超えた素晴らしいもので

とても簡単で誰でもすぐに使え、

ネガティブ感情を根こそぎ取ってしまう、というありえないことを

明確で理にかなったやり方で行うことに驚きました。

UEプラクティショナーになった翌日から

会う人会う人に試してみました。すると五十肩とか、膝の痛み、腰痛などが

数分の間に治ってしまうのです。80代の女性の

「お医者さんも、針、灸、整体・・・あらゆることを試しても治らなかったんです」

という何十年来の背中の痛みも、しばらく手を当てているだけで完全に無くなってしまいました。

その後、もう半年以上になりますが、痛くならないそうで、会うたびにお礼を言って下さいます。

そして、

振り払っても振り払っても出てくるネガティブな思い、

もう無くなった、と思っていたのにまた苦しんでいる自分・・・

なども取れて楽になっていかれるのです。

私たちはワンネス活動の上級トレーナーとして

目覚めた人を一人でも多く増やしたい、という思いで活動してきました。

でも、その妨げになっている「チャージ(潜在意識にため込んだ苦しみのエネルギー)」が

なかなか取れず、取れたと思っても取り切ることはできなかったのです。

「是非、UEを扱える人を作るインストラクターになりたい」と思いました。

インストラクターになるには非常に難しい事前審査があるのですが、すぐにOKが出ました。

これまでの実績と、私たちのワンネス活動に対する熱い思いが天に通じたのでしょう。

感謝です!!

3月にインストラクターの資格を得、夫婦で徹底的に復習して

2週間後、待っていて下さった5名の方に伝授。

「誰が読んで下さっているんだろう」と思っていましたが、

このブログを読んで連絡して下さる方も多く、

勉強会などで話すと「上田夫婦の言うことなら間違いがない」と言って下さる方、

そして応援してお世話をして下さる方に、各地で恵まれ、

10月末までに100名近い方が受講されることになっています。

受講料がかなり高いのですが、これほど満足度の高いコースを知りません。

金銭もエネルギーです。それだけのエネルギーを出さなければ、受け取れない

ということなのだという気がしています。

UEを扱えるようになって、自分も周りも幸せにし、さらに人類の目覚めに貢献しませんか?











  • 激変の1年 (10/16)
  • 畑仕事。 (10/12)
  • 今日の聖なる部屋 (10/01)
  • キンモクセイ (09/30)
  • 霊格・目覚めレベル・意識レベル・オーラ・・・ (09/28)
  • YASのホームページ ⇓ 

    次元上昇するあなたへ

    カレンダー表示しました ⇓

    各コースの予定

    オーガナイズして下さい ⇓

    メール待ってます! ⇓

    返信できないことがありますので、電話番号もお知らせ下さい

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: